無料フォーラム・LIVE配信に申し込む

お電話でもお気軽にお問い合わせください
090-9100-0793
(平日10:00〜18:00)

担当:高久(タカク)

申込やメールでのお問い合わせはこちら

申し込む

メールアドレス:info@r-management.jp

開催日 2021年4月8日木曜 9:10~17:10

お申し込みはこちら

ご講演企業様

フォーラムの焦点+

  • 情報漏洩リスクの最新動向
  • どのレベルまで対策を行うか?~コストと利便性のバランス
  • 社内セキュリティ体制の構築や運営
  • 従業員の教育、訓練に関して
  • リモートワークの導入・運用の具体事例
  • セキュリティリスクの可視化、分析
  • セキュリティ人材の確保や育成
  • 外部からの攻撃への対応~標的型攻撃や、ランサムウェア、ビジネスメール詐欺など
  • 内部犯行による情報漏洩を防ぐ具体的な取り組み
  • グループ企業、海外拠点におけるセキュリティガバナンスの構築
  • 情報漏えいインシデント対応方策と、その事例

企画の背景と狙い+

標的型攻撃など外部からの攻撃だけでなく、デバイスの紛失や、内部犯行による情報漏えい、IoT機器へのサイバー攻撃など、企業における情報セキュリティは、様々なレベルのリスクにさらされている。
多くの企業が、情報セキュリティ体制の強化を進めているが、攻撃の多様化や、守るべき資産の拡大、グループ会社や海外拠点のセキュリティガバナンスなど、その対策は多岐にわたる。また、ワークスタイル変革や、AI・IoTを活用したビジネス変革など、事業環境が変わる中、対策に必要とされるコストや時間も膨大なものになっている。
本フォーラムでは、専門家、事業会社の情報システム責任者を招き、最新動向をベースとした対策や、取り組み事例を共有する。限りあるリソースの中で、情報セキュリティ体制を如何に強化するか?その知見や取り組み事例を、ご参加企業様にお持ち帰り頂くことを目的とする。

ご講演内容

8:45 受付開始
9:10 司会挨拶
9:20-10:10
ケーススタディ講演
【50分間】
南海電気鉄道株式会社
デジタル戦略室 課長 谷本 晃久 氏
『南海電鉄のセキュリティへの挑戦 ~新しい働き方に対応するために~』
10:20-11:00
スポンサーセッション
【40分間】
ダークトレース・ジャパン株式会社
カントリーマネージャー 鈴木 真 氏
『世界初!脅威分析まで完全自動化するAIセキュリティ人材派遣サービス』
■ ユーザー、デバイスの挙動や通信の定常状態を常に自己学習
■ 理論上、あらゆる種類の脅威や通信異常を自律的に漏れなく検知・遮断・分析
■ クラウド、SaaS、IT、OTネットワーク問わず導入可能、100%可視化
リモートワークが本格化する中、サイバー脅威のリスクは従来の企業ネットワークに留まらず分散・急増し、境界型防御対策や人海戦術に依存するセキュリティ運用・脅威分析は限界を迎えています。この人材不足という業界最大の課題を解決すべく、人間のアナリストに代わって24時間365日いつ何時も、あらゆるデジタル環境において脅威の検知・対応・調査分析までリアルタイムかつ自律的に行える世界で唯一のAIセキュリティ人材派遣サービス、Cyber AI Analystをデモを交えて紹介します。
11:05-11:45
スポンサーセッション
【40分間】
アライドテレシス株式会社
上級執行役員 サイバーセキュリティDevOps本部 本部長 中島 豊 氏
上級執行役員 サポート&サービス事業本部 本部長 福川原 朋広 氏
『コロナ禍!早急なワークスタイル変更の実践とセキュリティサービスへの展開
-2020年限られたコストで自社システムを短期間で変更し、そのノウハウをセキュリティサービス展開した事例を紹介ー』
■ワークスタイル変更への迅速な対応
■クラウド型サイバーセキュリティサービスの紹介
■当社における導入例
コロナ過によるワークスタイルの変動にあわせて、システムの変更に伴うサイバーセキュリティ対策、利用者のリテラシー向上が求められています。
しかし、これらの大きな課題として、限られた予算内に収めること、かつ迅速な対応が挙げられます。
システム要件のポイントは取捨選択、現行資産を最大限に利用したリモートワークの実現に加え、ゼロトラスト、クラウド型サービスを最大限に利用することであり、人材投入のポイントは未来を見据えた優秀な人材の投入、更には提案に活かせるプロセスの実践です。
本セッションでは、コロナ過における自社改革での経験を活かしたクラウド型サイバーセキュリティサービス「Net.Cybersecurity」誕生の経緯や、当社における取り組みを事例を交えて紹介します。
11:50-12:00
エントラストジャパン株式会社 製品説明【5分間】
12:00-13:00
昼食時間
13:00-13:50
ケーススタディ講演
【50分間】
国際石油開発帝石株式会社
資材・情報システム本部 情報システムユニット 情報セキュリティグループ マネージャー 佐藤 勇紀 氏
『INPEX CSIRTのセキュリティ体制と取り組み』
■ 当社におけるセキュリティ課題
■ INPEX CSIRTの体制
■ 新型コロナ禍におけるセキュリティ施策
 昨今のサイバー攻撃の高度化や巧妙化を受け、当社ではINPEX CISRTを立ち上げて海外グループ会社含めたセキュリティガバナンス強化やセキュリティ意識の向上、セキュリティソリューションの導入に取組んでいます。
 本セッションでは当社におけるCSIRT体制構築の経緯や、現在抱えている課題について内部・外部リソースをどのように活用して取り組んでいるか、そして新型コロナ禍における在宅勤務の増加といった新たな課題に対しどのような対応を進めているかをご紹介いたします。
13:55-14:35
スポンサーセッション
【40分間】
エフセキュア株式会社
サイバーセキュリティ技術本部 本部長  島田 秋雄 氏
『日本のセキュリティリーダーが考える2021年の優先事項』
■日本のサイバーセキュリティリーダー400名に聞いた、2021年の優先事項
■コロナ過がサイバー脅威ランドスケープに与えた影響
■EDRを最大限に活用のヒント
新型コロナウイルスの大流行によって生じた企業環境の急激な変化の影響は、2021 年も企業や組織の IT利用環境やセキュリティ担当者にとって最重要課題になると思われます。本講演では、日本のサイバーセキュリティリーダーを対象とした調査結果から、最新の優先事項などをご紹介するとともに、企業が潜在的な攻撃を検知・対応するためにEDRを最大限に活用するヒントを解説します。
14:40-15:20
スポンサーセッション
【40分間】
KDDI株式会社
ソリューション推進本部 ソリューションプロダクト推進部 副部長 坂下 敦志 氏
『新しい働き方に最適なネットワーク~KDDIが実践するゼロトラストモデルとは~』
■テレワークが進み、浮上する議論と新たな働き方の検討ステップ
■次期ITインフラ像の検討とゼロトラストモデル
■IT基盤全体の再設計に向けたアプローチ
企業セキュリティを確保するための新しいアプローチとして注目される「ゼロトラスト」。
KDDIは今、働き方DXへの取り組みを通じてゼロトラストモデルへの転換を図ろうとしています。クラウドセキュリティ、認証・認可、エンドポイントセキュリティ、デバイス管理、リモートアクセスなどさまざまな構成要素で『快適に確実に』つながり、新しい働き方を支えるネットワークのあり方と、その実践・検討ポイントを解説します。
15:20-15:30
アルプス システム インテグレーション株式会社 製品説明【5分間】
15:30-15:40
休憩10分
15:40-16:20
スポンサーセッション
【40分間】
タレスDIS CPLジャパン株式会社
データプロテクション事業本部パートナー営業部 部長 前田 俊一 氏
『オンプレからクラウド環境まで網羅するアンカーセキュリティ
:暗号化のススメ』
■ 海外での積極的なクラウド利用状況と直面するリスク
■ ゼロトラスト下での基本的なセキュリティ対策の盲点と暗号化対策の有効性
■ 暗号化によるセキュリティモデル実装に必要なポイント:アクセスコントロールと暗号鍵の管理
コロナ禍が後押しし、急速に展開されるDXの波の中、様々なセキュリティソリューションが登場し、ユーザー様は判断に悩まれるのではないでしょうか?
このセッションでは、クラウドシフトなどのインフラ環境の動向に左右されない、セキュリティ対策の基点=錨となる 「アンカーセキュリティ:暗号化対策」について、その肝となる各国行政機関が採用する「暗号鍵管理」の有用性について、皆様へのご理解と周知を目的として講演いたします。
16:25-17:15
ケーススタディ講演
【50分間】
双日株式会社
総務・IT業務部長 並 真樹也 氏
『双日セキュリティ~Road to New Normal~』
■ ITセキュリティ組織運営
■ コロナ禍における気付き
■ 今後の取り組み(New Normal)
総合商社としてグローバルにビジネス展開する当社では、IT組織としても、素早く、的確な変化への対応が求められています。当社ビジネスに関わる取り組みやコロナ禍における対応について、ITセキュリティを軸にご紹介いたします。

協賛

開催概要

会期 2021年4月8日木曜 9:10〜17:10
会場 オンラインセミナー
主催 リバイバル・マネジメント・フォーラム事務局

主催

リバイバル・マネジメント・フォーラム事務局
〒104-0061 東京都中央区銀座1-15-7 MAC銀座ビル3階
電話:050-7577-6385 FAX:03-6893-6114

無料フォーラム・LIVE配信に申し込む

お電話でもお気軽にお問い合わせください
090-9100-0793
(平日10:00〜18:00)

担当:高久(タカク)

申込やメールでのお問い合わせはこちら

申し込む

メールアドレス:info@r-management.jp

開催日 2021年4月8日木曜 9:30~17:10

お申し込みはこちら